上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する
「戦場のメロディ」という実話を元にしたドラマのワンシーン。
戦後死刑囚としてフィリピンのモンテンルパに収容されていた2人の元日本兵が作詞・作曲。それを郵送で渡辺はま子さんに送り、作品化。社会的大反響を招き、恩赦による死刑執行停止の快挙を呼んだ歌です。最後の「祖父は許す事の大切さを伝えたかった」ってセリフは、当時のフィリピン大統領の奥さんと子供が、日本兵によって殺されているという背景もあっての言葉だと思う。




●だいたいのあらすじ

終戦後、戦勝国によって、捕虜や一般市民に対する殺害、虐待行為を問われた戦犯裁判が国内外で実施され、その中で最も過酷だったのがフィリピンだった。容疑をかけられた日本人兵士たちは、証人として出廷したフィリピン人による「こいつが犯人だ」という、指さし一つで、証言の信憑性を問われることなく次々に死刑の判決を下され、モンテンルパ刑務所に収監されてしまう。その中には明らかな冤罪も多かったという。

  そして、終戦から6年後の昭和26年、極秘裏に14名の日本人の一斉処刑が行われた。 しかし、復興に沸く日本では、その事実に目を向けるものはいなかった。 迫り来る死への恐怖…そんな彼らの命を救いだす原動力となったのは、政治家でも、外交官でもない、一人の歌手・渡辺はま子だった。

  モンテンルパの日本人戦犯が作詞・作曲した「あゝモンテンルパの夜は更けて」は、はま子の歌声を通して、大ヒットを記録。この歌を携え、はま子は当時国交のなかったフィリピンに単身乗り込み、日本人歌手として初めて、モンテンルパ刑務所を訪問。帰国後も、釈放を訴え続けた。

引用元:http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2009/090818utahime.html

  拍手する



25位以下の人気記事を表示



コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿
    ←空欄可
    コメント
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    ※サイト移転のため現在コメントは受け付けていません。書き込んでも反映されないので注意!
      / ̄\
     /  ヽ  \
    (●)(●)  _L
    (_人_) /- ―\   
     Y⌒" /(●)(●) \
     |  | (_人_)    |
    `_丶_ \ `⌒′ / コメント欄では仲良く
    /∩`ー-/  ̄ ̄∩丶\
    /三) /   〔三)Lハ_)
    Lノ |    丶 \
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。