上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する
「殺すことが職業です。手慣れたものですよ」「一緒に話をした相手を数分後には撃ったのです。生きて笑っていた人間が死体になり地面に転がっていました」
戦場での兵士達の精神状態に迫ったドキュメンタリー番組。放送時のタイトルは「殺す行為と人間の本質」




後半



以下コピペ
http://www.asahi.com/column/aic/Tue/d_tamura/20031216.html

●退役軍人の手紙

かつてベトナム戦争で戦ったアメリカの退役軍人のスタン・ゴフという人が、イラクに駐留する兵士たちに宛てて書いた公開書簡が、ネットを通じて広がっている。「兵士たちよ、人間らしさを手放すな」と題された手紙は、自分の経験をもとに、兵士仲間の言葉で語りかける。

私は退役軍人だ。私の息子は空挺部隊員として、諸君とともにイラクに駐留している。1970年、私は空挺部隊員としてベトナム戦争に派遣された。
戦争に行く前、でたらめな思想を植え付けられた。テレビや映画からは「男の中の男として生きるには何をすべきか」を教わったし、ベトナムに行ったことのない近所の人たちからは「ベトナムが共産化しないよう、米軍が戦わなくてはいけない」と教え込まれた。米兵の使命は「悪いベトナム人から、良いベトナム人を救う」ことであり、「悪いベトナム人が、カリフォルニア沿岸に攻め込まないように」彼らをたたきのめすことだった。そのためにわれわれは駐留し続け、5万8000人の仲間が殺され、300万人のベトナム人を殺してしまった。

イラクの大量破壊兵器が米国を脅しているという話を最初に聞いたとき、「そんなことはあり得ない、湾岸戦争で散々痛めつけられた後、12年間も経済制裁を受けているイラクが脅威だなんて、いったいどこの誰が信じる」とあきれた。しかし、30年前、ベトナムがアメリカの脅威になっていると、自分も含めてほとんどの米国民が信じ込んだのを思い出した。

政治家たちは、諸君が「偉大な解放者」として、イラクの民衆に歓迎されるだろうとうそをついた。ベトナム戦争でも同じようなことを言ったものだ。

私がベトナムに到着する前に、米軍はすでに村々を焼き、家畜を殺し、畑や森に毒をまき、市民をスポーツ射撃の的とし、村人をレイプして虐殺していた。ベトナム人被害者たちにとっては、現地に到着したばかりの自分と、すでに蛮行を奮っていた残虐な米兵たちとの見分けがつかない。現地で私は、たいへんな目に遭った。

政治家たちが諸君に知らせなかったことが他にもある。1991年から2003年の間に、150万人のイラク人が、栄養失調や医療不備のせいで死んだ。か弱い幼児の死者数は、50万人にのぼった。

イラクに駐留している私の息子には、生後11ヶ月の赤ちゃんがいる。とてもかわいい。私は孫の顔を見るのが楽しみだ。自分の子供を何よりも愛することについては、諸君もイラク人も変わりがない。自分の息子や娘をなくしたイラク人たちは、50万人の幼児が死んだ原因が、アメリカ政府にあるということを、簡単には忘れないだろう。

だから、諸君がイラクで歓迎されるというのは、あからさまなうそだった。

ベトナムでもイラクでも、自分たちの家族を無残に殺され、財産を破壊され威信を傷つけられた人々は、侵略者を追い出そうとするのは当たり前だ。米兵は、生き延びるために、自分たちに向かってくる連中を殺さなくてはならない。こんな状況を作り出したのは、ワシントンにいながら、高級ワインとキャビアを楽しんでいる、5千ドルの背広を着た政治家たちなのだ。

私の経験からいうと、ベトナムで生き延びようと思ったら、残酷に振舞うしかないと考えるようになった。気が狂ったように家々に火をつけ、見境なしに銃をぶっ放せばいいんだとね。

自分の人間らしさを失って戦場で生き延びても、母国に帰ってからがまた苦しい。人間らしく生きられないのだ。戦友たちは酒やドラッグに溺れたり、精神病院に閉じ込められたりしている。自殺したり、家族や他人を傷つけたりするものもいる。私自身、いまでも毎日憤怒の中で生きている。

だから、私は諸君に言いたい。生き延びるために、やることはやる。しかし、人間らしさを手放さないでほしい。他の粗野な兵士のように、男らしくなくてもいい。怒りや興奮にまかせてめちゃくちゃな蛮行はしないでほしい。
(中略)

どうか、五体無事で帰ってきて欲しい。
どうか、正気のままで帰ってきて欲しい。
あなたを心から愛している人々が、ここにいるのだから。

そしてあなたが帰って来た時、愛する人の顔を真正面から見られる人間であって欲しい。どうか、あなたの魂を、砂漠の砂の中に捨てないでおくれ。
どうか、人間らしさを手放さないでおくれ。

  拍手する



25位以下の人気記事を表示



コメント
この記事へのコメント
  1. 名無しさん | 2009/06/20 15:34 | 
  2. 99年5月256号ハンギョレ21(ベトナム戦争での韓国軍の蛮行)
    ttp://www.altasia.org/hangyore/hangyore99256.htm

    朝鮮人、韓国軍の蛮行
    ttp://www010.upp.so-net.ne.jp/japancia/hikiageryoujyuku.html

    バ韓国・誇らしいベトナム人虐殺記念館完成
    ttp://killkorea.iza.ne.jp/blog/entry/766367/


  3. 名無しさん | 2009/06/20 16:52 | 
  4. 米1
    韓国の蛮行はアメ軍なんかの比じゃなかったらしいな
    ベトナムじゃ何千何万というレイプによって生まれた混血児が社会問題になってるのに、日本なんかじゃほぼ放送されない
    なのにその反面、ありもしない旧日本軍の蛮行をでっち上げるのに躍起になってる新聞社もある

    結局、武力・資金・権威のいずれかを持つ組織が思い思いに世論をコントロールしてるのが現実
    しっかり正しい情報を見極めて騙されないようにしないとな、自分自身で

  5. 名無しさん | 2009/06/20 18:02 | 
  6. 米2
    んだな~
    そういや、チョンどもから日本人との混血児で講義されたこと無いよなw
    戦後日本じゃ「父親だけ違う問題児」が大変多かったそうだけどね…

  7. 名無しさん | 2009/06/20 20:45 | 
  8. 韓国人とか関係ね~

  9. 名無しさん | 2009/06/20 22:23 | 
  10. どこの国も戦時中のプロパガンダは同じか。

  11. 名無しさん | 2009/06/20 23:39 | 
  12. フセイン・イラクを消滅させたことで、どこが得をして、どこが一番損をしたのか? それを考えれば、アメリカの目的がきちんと果たされ、勝利した戦争だったということが分かってくる。

    ヒント 一番損をしたのはイスラエル。そのためにイスラエルは、次の敵としてイランを持ち上げた。それが鍵。

  13. 名無しさん | 2009/06/21 05:33 | 
  14. 米5は馬鹿なの?ライタイハンもしらないの?

  15. 被害者1 | 2009/06/25 16:08 | 
  16. アメリカが移民を受け入れるのは雑兵の補充と末端消費拡大をして儲けるためだから 在日チョンをみんなモラッテモラオウゼ。

  17. 名無しさん | 2009/07/07 03:34 | 
  18. これだけのこと言えるんなら、なんで自分の子供が軍人になるのを阻止せんのだ・・・?

コメントを投稿
←空欄可
コメント
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
※サイト移転のため現在コメントは受け付けていません。書き込んでも反映されないので注意!
  / ̄\
 /  ヽ  \
(●)(●)  _L
(_人_) /- ―\   
 Y⌒" /(●)(●) \
 |  | (_人_)    |
`_丶_ \ `⌒′ / コメント欄では仲良く
/∩`ー-/  ̄ ̄∩丶\
/三) /   〔三)Lハ_)
Lノ |    丶 \
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。